軽減税率に対応した電卓のおすすめ人気ランキング!シャープやカシオの売れ筋は?

軽減税率に対応した電卓のおすすめ人気ランキング!シャープやカシオの売れ筋は?ビジネス

2019年10月1日から消費税が8%から10%へ増となります。

それに伴い、消費者への救済処置として生活必需品だけ消費税8%に据え置きとなる「軽減税率」が施行されます。

しかしこの軽減税率、店側にとってはかなり厄介。

商品によっては消費税が8%と10%と異なるため、会計での合計金額計算が非常に複雑化してしまうのです。

そこであると便利なものが、消費税8%と10%の両方が計算できる電卓です。

消費税増税につき、軽減税率に対応した電卓が知りたい!会計作業を簡略化したい!

今回は、そんな方のために軽減税率に対応した電卓の中から、安くて使いやすいおすすめの電卓を紹介します。

軽減税率対応の電卓おすすめ人気ランキング

軽減税率対応の電卓選びで重要なことは、使いやすいこと。そして価格が安いことです。

あとは国内メーカーだと安心ですよね。それでは人気ランキングをご紹介していきます。

1位:カシオ MW-100TC-WE-N

軽減税率に対応した電卓 カシオ MW-100TC-WE-N

今回の増税で最も人気の軽減税率対応電卓は、CASIO(カシオ)のミニジャストタイプ「MW-100TC-WE-N」です。

2つの税率ボタンで8%と10%と消費税計算が可能。税込・税抜計算にも対応。

また、税率の設定変更もできるので、もし今後増税したり減税しても引き続き同じ電卓を使い続けることが可能です。

10桁まで表示可能、価格も1000円以下とお手頃ということもあって、家電量販店では売り切れるほど人気です。

価格851円(最安値はこちら
サイズ179 x 126 x 30.9(mm)
カラーホワイト、ブラック、ピンク
電力太陽電池+電池
在庫あり

2位:シャープ EL-MA71-X

軽減税率に対応した電卓 シャープ EL-MA71-X

続いて人気の軽減税率対応電卓は、SHARP(シャープ)のミニナイスサイズタイプ「EL-MA71-X」です。

1位のCASIO「MW-100TC-WE-N」よりもさらに小型で、手のひらに収まるコンパクトサイズ。手に持ちながら使用したい方から絶大な人気を誇っています。

消費税ボタンは8%と10%の2つを完備しており、税込・税抜計算にも対応。こちらの電卓は税率変更できませんが、ディスプレイに消費税が表示されるので、打ち間違いによるミスが減ります。

価格1382円(最安値はこちら
サイズ150 x 100 x 25.2(mm)
カラーホワイト
電力太陽電池+電池
在庫あり

3位:キャノン HS-1250WUC

軽減税率に対応した電卓 キャノン HS-1250WUC

軽減税率対応電卓の第3位は、Canon(キャノン)の大型卓上サイズ「HS-1250WUC」です。

こちら、他の2つの電卓と違って大きめで、ほぼB6サイズのノートと同じ。大きい分、卓上に置いて使う場合には抜群の安定を発揮します。

8%と10%、税込と税抜の計算もボタンひとつで簡単便利。大型ディスプレイで数字も大きくて表示、12桁まで計算可能。億千万の表示もされます。

医療機関や飲食店に嬉しい抗菌仕様となっています。

価格1911円(最安値はこちら
サイズ179.5 x 130 x 37.5(mm)
カラーホワイト
電力太陽電池+電池
在庫あり

軽減税率の対象となる品目

今回の増税では「標準税率10%」と「軽減税率8%」の2種類の消費税が適応され、それぞれは品目によって異なります。

そこで注意しなければいけないことが、軽減税率8%の対象となる品目の判別です。

国税庁が正式に発表した「軽減税率8%の対象となる品目」は以下に該当する場合。

  • 酒類・外食を除く飲食料品
  • 週2回以上発行される新聞

参照元:軽減税率の対象となる品目(国税庁)

標準税率10%酒、店内での飲食、医薬品
軽減税率8%飲食料品、テイクアウト、高齢者施設や学校での食事

なぜ、新聞が軽減税率8%になるかは置いておき、スーパーやコンビニといった小売店が、今回の増税で大きな影響を受けることになるでしょう。

一部、チェーン店では全品同一税にするなど、会計計算の簡略化を優先する動きも見られます。

とは言え、中小企業・個人事業主にとっては消費税も経営を揺らがす要因となるわけですから、軽減税率制度は利用する他ありません。

そこで、あったらさらに便利なものが軽減税率に対応したレジ。

でも、レジって数十万円〜数百万円する。そう簡単には導入できない高額設備。そんなイメージを持っていませんか?

そんなことはありません!3万円以下で軽減税率に対応したレジが買えるんです!

3万円以下で買える軽減税率対応レジ

電卓でも事足りるけど、もっと会計を便利にしたいという方のために、3万円以下で買える、軽減税率に対応したレジを2つご紹介します。

レジなら補助金の対象になるため、さらにお得に購入できますよ。

シャープ XE-A147-W

3万円以下で買える軽減税率対応レジ シャープ XE-A147-W

3万円以下で買える軽減税率対応レジ、ひとつ目のおすすめはSHARP(シャープ)の「XE-A147-W」です。3万円以下で購入できるシンプルなレジですが、必要最低の機能は揃っています。

ロールの交換は投げ込み方式で簡単。レシートには店名ロゴの印字もできますし、領収書の発行にも対応。飲食店は嬉しい。

部門数は8部門に対応。食料品や飲料、酒類、生鮮食品、菓子類など、取扱品目が多いスーパーでも使えますね。

別売りのバッテリーを使えばコンセント電源は不要。屋外や出店、災害時の停電でも使えるのは安心。

売上データ(CSV形式)はSDカードに保存されますので、そのままパソコンで売上管理もできます。

価格25685円(最安値はこちら
サイズ335 x 360 x 190(mm)
カラーホワイト、ブラック
部門数8部門
在庫あり

カシオ SR-G3-WE

3万円以下で買える軽減税率対応レジ カシオ SR-G3-WE

ふたつ目の3万円以下で買える軽減税率対応レジは、CASIO(カシオ)の「SR-G3-WE」です。

このレジの特徴は、Bluetooth搭載でスマホのアプリ「CASIO ECR+」と連動すること。売上の確認はもちろん、レジの設定変更が簡単に行えます。売上データはCSV形式で書き出すことも可能。

ロールペーパーはドロップイン方式で、もし紙詰まりしても簡単に直せますよ。

また、背面にはお客様用のディスプレイがあるので、目で見て金額を確認してもらうことができます。いちいち聞き返されるのは面倒ですからね。

価格24278円(最安値はこちら
サイズ326 x 345 x 167(mm)
カラーホワイト、ブラック、レッド
部門数4部門
在庫あり

レジ補助金も活用して増税に備えましょう

国税庁の指針によれば、軽減税率8%の対象となる品目には、レシートに「※」「★」といった記号を付けるとのことです。

記号を付けるには、軽減税率に対応したレジでないと難しいですよね。

また、レジがあれば、会計が電卓よりも確実になりますし、なにより簡単便利。

ちなみに、3万円未満のレジ購入で受け取れる「レジ補助金」はレジ1台につき購入代金の5分の4です。

ですので、3万円のレジを購入したら2万4000円の補助が受けられ、実質6000円で軽減税率対応レジが手に入る計算に!電卓よりは高額ですが、それでも安い!

もし、増税による軽減税率でお悩みの方は、これを機にレジの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

記事の感想をお聞かせ下さい…

タイトルとURLをコピーしました