ネットショップ開設でおすすめのサービスは?国内17社の費用を比較

ネットショップ開設でおすすめのサービスは?国内17社の費用を比較Web

インターネット上に自分のお店を開業することは憧れですよね。さらに売上げを伸ばすためにも、ネットショップ開設は現代のマスト。

しかし、Webの専門知識なんて無いし、自分でネットショップを作れるわけもないし、どこか難しそうなイメージをお持ちの方も少なくないかと思います。

そこで今回は、難しいそうなネットショップ開設を簡単にしてしまうサービスのおすすめをご紹介します。

費用やショッピングカートといった機能の比較も行いました。ネットショップ開設の参考にしてみて下さい。

カラーミーショップ

カラーミーショップ

インターネット業界最大手のGMOが運営するカラーミーショップは、全国4万店以上で使われている人気ナンバーワンのネットショップ開設サービスです。

使いやすい管理画面は初心者でも安心。なんといっても利用料金の安さが選ばれる理由。初期費用3000円、月額費用834円〜利用できて、登録商品点数は無制限。販売手数料も無料です。

安いだけじゃありません。豊富なデザインテンプレートも魅力的。月額3000円のレギュラープラン以上なら商品レビューやクーポン発行も可能。まさに高機能とコストパフォーマンスに優れたサービスです。

今なら30日間無料で試せるので、とりあえず使ってみるのもアリですね。

初期費用3000円
月額利用料金834円〜
登録可能な商品数無制限
スマホ対応対応している
おすすめ度4.8
公式サイトhttps://shop-pro.jp/

MakeShop(メイクショップ)

MakeShop(メイクショップ)

MakeShop(メイクショップ)は、カラーミーと同じGMOが運営するネットショップ開設サービスで、導入実績2万店以上とこちらも人気。

選べるプランは全3種。もっと安いビジネスは月額2100円で商品数は100点まで、必要な機能を取り揃えたプレミアムは月額7000円で商品数は1万点まで、大規模ショップ向けのエンタープライズは月額5万円〜で商品数は5万点までとなっています。

満足度98%の無料セミナーはオンラインを含めばほぼ毎日開催されていますし、無料の電話相談も可能と、万全なサポート体制が強み。

15日間の無料体験や2店舗目以降を開設する場合は初期費用0円なども嬉しいポイントですね。

初期費用10000円〜
月額利用料金2100円〜
登録可能な商品数最大50000点
スマホ対応対応している
おすすめ度4.2
公式サイトhttps://www.makeshop.jp/

BASE(ベイス)

BASE(ベイス)

BASE(ベイス)は、初期費用無料、月額費用無料でネットショップが始められるサービス。

リリース当初から圧倒的な人気を誇っており、現在も出店数、ユーザー数は右肩上がり。

他サービスにない最大のメリットは、独自ドメインが無料で設定できること。ショップURLからブランディングができますね。

その他にも、商品登録数は無制限、豊富なデザインテンプレート、アクセス解析ツールのGoogle Analyticsも設定など、有料サービスと同じような機能が使えます。

リスクゼロのネットショップ開業を考えている方は、有無を言わずにとりあえず使ってみてください。おすすめです。

初期費用無料
月額利用料金無料
登録可能な商品数無制限
スマホ対応対応している
おすすめ度4.8
公式サイトhttps://thebase.in/

STORES(ストアーズ)

STORES(ストアーズ)

STORES(ストアーズ)はBASE(ベイス)と同時期にスタートしたネットショップ開設サービスで、こちらも初期費用無料&月額費用無料が最大のメリット。

BASE(ベイス)との違いは、フリープランの他に有料のスタンダードプランがあること。

スタンダードプランは月額1980円となっていますが決済手数料が5%から3.6%に下げられています。

ちなみBASE(ベイス)の決済手数料は3.6%+40円なので、売上によってはSTORES(ストアーズ)のスタンダードプランの方が安くなる場合も。

今なら、フリープランの決済手数料が初月だけ0%に、スタンダードプランならさらに初月の月額料金が0円になるキャンペーン中です。

初期費用無料
月額利用料金0円〜
登録可能な商品数無制限
スマホ対応対応している
おすすめ度4.3
公式サイトhttps://stores.jp/

minne(ミンネ)

minne(ミンネ)

minne(ミンネ)はハンドメイド専門のネットショップ開設サービス。商品としてではなく作品として販売するのが特徴です。

販売できる作品は、手作り品、アート作品、リメイク品、素材や材料など。既製品は出品できません。

かなり限定的で窮屈な気もしますが、ジャンルを絞ることで購買意欲が高いユーザーが集まります。ですので、ハンドメイド作品を売りたい方にはこれ以上ないネットショップ開設サービスと言えるでしょう。

出店コストに関しても、初期費用と月額利用料は0円。負担するのは販売手数料の10%のみです。

初期費用無料
月額利用料金無料
登録可能な商品数無制限
スマホ対応対応している
おすすめ度4.1
公式サイトhttps://minne.com/

イージーマイショップ

イージーマイショップ

イージーマイショップ(easy my shop)は、本格的なネットショップの開業が無料から始められるサービスです。

無料プランの他に、カートプラン、スタンダード、プロフェッショナルもあり、必要に応じてアップグレードするといいでしょう。

ただ、無料プランでも独自ドメインが設定できたり、クーポン発行できたりと、BASE(ベイス)やSTORES(ストアーズ)並み。

知る人ぞ知る、無料のネットショップ開設サービスといった存在です。

初期費用0円〜
月額利用料金0円〜
登録可能な商品数無制限
スマホ対応対応している
おすすめ度3.8
公式サイトhttps://www.easy-myshop.jp/

おちゃのこネット

おちゃのこネット

おちゃのこネットは、初期費用無料、売上手数料無料で利用できるネットショップ開設サービス。低リスクから始められるため、ネットショップを開業する方におすすめ。

料金プランですが、初めての開業には月500円のライトプランがおすすめ。商品も100均点まで登録可能。テンプレートも数種類から選べます。

さらに以上いのベーシックプランとアドバンスプランは、独自ドメインを使いたい方、テンプレートにこだわりたい方、レビュー機能などを使いたい方向け。

まずはライトプランで感覚をつかんでから、ベーシック、アドバンスを検討する流れが良いと思います。

今なら期間限定で無料のお試し利用ができますよ。

初期費用無料
月額利用料金500円〜
登録可能な商品数5000点
スマホ対応対応している
おすすめ度3.5
公式サイトhttps://www.ocnk.net/

リピスト

リピスト

リピストは、定期購入型のネットショップが簡単に作成できるサービスです。

一般的なネットショップ開設サービスとは若干異なり、継続購入(リピート)してもらいたい商品の販売に特化しています。そのため、商品ページもLP(ランディングページ)化されています。

また、お客様に合わせた内容を定期的に送信できるステップメールも使用可能。メールのテンプレートも用意されているので初心者でも安心ですよ。

今流行りのサブスクリプション型ネットショップが手軽に始められるサービスです。

初期費用29800円〜
月額利用料金14800円〜
登録可能な商品数1点
スマホ対応対応している
おすすめ度3.7
公式サイトhttps://rpst.jp/

e-shopsカートS

e-shopsカートS

e-shopsカートSは、既存のホームページにショッピングカート機能を追加することが可能なサービスです。

せっかく作成したホームページやお気に入りのブログを活用して、簡単にネットショップが開設できます。

プログラムを編集する必要があるため少し難しそうな気もしますが、電話やメールでのサポートも行なっているのでその辺りは問題なし。担当者が丁寧に教えてくれます。

今なら14日間の無料お試しキャンペーン中。

初期費用10000円〜
月額利用料金2400円〜
登録可能な商品数最大10000点
スマホ対応対応している
おすすめ度3.6
公式サイトhttps://cart.e-shops.jp/

ショップサーブ

ショップサーブ

ショップサーブは導入5万社以上の12,000店舗以上の実績あるネットショップ開設サービス。創業20年の株式会社Eストアーが提供しています。

ショップのファンを囲い込む会員ランクやポイント機能、新規顧客獲得に有効なクーポンなど販促機能が豊富。

さらに利用者全員に専任担当者が付き、不明な点や改善策などをサポート。売上アップのコツも聞くことができます。

プロのサポートを受けながら売上を伸ばしてきたいオーナー様におすすめです。

初期費用15000円
月額利用料金11400円〜
登録可能な商品数最大3000点
スマホ対応対応している
おすすめ度3.5
公式サイトhttps://sps.estore.jp/

サーチプラス for ショップ

サーチプラス for ショップ

サーチプラス for ショップは既にあるホームページやブログに商品検索と商品情報を追加できるネットショップ開設サービスです。

設定にはHTMLの基礎を理解している必要がありますが、その分、デザインの自由度はかなり高め。見た目にこだわりたい方におすすめです。

サービス契約には月額利用の他に、買い切りのダウンロード版も用意されているので、ランニングコストを抑えたい場合に最適です。

初期費用64800円
月額利用料金48600円〜
登録可能な商品数無制限
スマホ対応対応している
おすすめ度3.5
公式サイトhttps://shop.searchplus.jp/

ECドルフィン

ECドルフィン

ECドルフィンは、店舗ごとに個別のカスタマイズが可能なネットショップ開設サービスです。

ECサイトの基礎とも言われるオープンソース「EC-CUBE」をベースに作られているため、デザインの自由度はフルスクラッチ並。思い通りのネットショップを作ることができます。

利用料金はそれなりに高額ですが、ネットショップ開設には担当者との打ち合わせが必須となるので、専門家と相談しながら慎重に進めたいという方に最適かもしれません。

初期費用14800円
月額利用料金49800円〜
登録可能な商品数無制限
スマホ対応対応している
おすすめ度3
公式サイトhttps://www.ec-dolphin.com/

ワイズカート

ワイズカート

ワイズカートは運営実績10年、8000店舗以上で導入されているネットショップ開設サービスです。

主な特徴は1つのショップでBtoC、BtoB、BtoEに必要な機能を標準対応していること。受発注システムや社内販促サイトとしても使えます。

プランはエントリー30、スタンダード100、スタンダード500、アドバンス1000、アドバンス3000の全5種類。数字は登録可能商品数です。

レベル別会員グループ、有効期限ありポイントなど、豊富な機能も取り揃えています。

初期費用21600円〜
月額利用料金5400円〜
登録可能な商品数最大3000点
スマホ対応対応している
おすすめ度3
公式サイトhttp://promotion.wisecart.ne.jp/

ペイカートプラス

ペイカートプラス

ペイカートプラスは、既存の商品ページにリンクを貼るだけで、簡単に決済機能が導入できるネットショップのカート決済システムです。

今あるホームページにネットショップ機能を追加することができます。

プランは、一番安いライトで月額19800円。こちら、共有サーバーで共有ドメインを使用するとのこと。

月額54000円のスタンダード、月額費用は要相談となっているプロは専用VPS。利用環境に合わせた自由な設定が可能です。

つまり、既存のホームページを使ってネットショップを開設したいけど、自分専用のカート決済システムを使い方向けのサービスということですね。

初期費用0円〜
月額利用料金19800円〜
登録可能な商品数無制限
スマホ対応対応している
おすすめ度3.2
公式サイトhttps://www.paycartplus.net/

futureshop(フューチャーショップ)

futureshop

futureshopは10年以上のサポート実績があるECプラットフォームの老舗ネットショップ開設サービス。豊富な決済手段と万全のサポート体制で利用者数も2000店舗以上。

プランは「Standard」と「Gold」の2種類。

Standardプランでは登録可能な商品数によって料金が異なります。一番安い月額22000円は50点までとなっています。

より本格的なEコマース事業をスタートしたい方向けのGoldプランがおすすめ。料金は一気に上がって月額81000円ですが、最大3万点まで出店可能。お得な年間契約もあります。

初期費用22000円〜
月額利用料金22000円〜
登録可能な商品数最大30000点
スマホ対応対応している
おすすめ度3.1
公式サイトhttps://www.future-shop.jp/

FC2カート

FC2カート

FC2カートは、ブログや動画でおなじみのFC2が運営するネットショップ開設サービスで、無料で利用することができます。

無料プランだと独自ドメインが使えなかったり、クーポン発行ができなかったりと、有料プランに比べて機能制限もあります。

とはいえ、無料でこれだけ使えれば十分。デザインテンプレートも豊富ですよ。

初期費用0円〜
月額利用料金0円〜
登録可能な商品数無制限
スマホ対応対応している
おすすめ度3.2
公式サイトhttps://cart.fc2.com/

ゼロショップモール

ゼロショップモール

ゼロショップモールは、無料で開業できるネットショップ開設サービスです。

BASE(ベイス)やSTORES(ストアーズ)の原型とも囁かれるほど昔からあるサービスで、現在も存続していることが奇跡。デザインテンプレートも懐かしい。

販売されている商品もどこかマニアックなので、コアユーザーが多く利用していると思われいます。

こっそりネットショップを始めたい人にはちょうどいいサービスかもしれませんね。

初期費用無料
月額利用料金0円〜
登録可能な商品数無制限
スマホ対応対応している
おすすめ度3
公式サイトhttp://www.shop-online.jp/mall/index.php

ネットショップ開設サービスの比較表

サービス名初期費用月額利用料金おすすめ度
カラーミーショップ3000円834円~4.8
MakeShop(メイクショップ)10000円〜2100円〜4.2
BASE(ベイス)無料無料4.8
STORES(ストアーズ)無料0円〜4.3
minne(ミンネ)無料無料4.1
イージーマイショップ0円〜0円〜3.8
おちゃのこネット無料500円〜3.5
リピスト29800円〜14800円〜3.7
e-shopsカートS10000円〜2400円〜3.6
ショップサーブ15000円11400円〜3.5
サーチプラス for ショップ64800円48600円〜3.5
ECドルフィン14800円49800円〜3
ワイズカート21600円〜5400円〜3
ペイカートプラス0円〜19800円〜3.2
futureshop(フューチャーショップ)22000円〜22000円〜3.1
FC2カート0円〜0円〜3.2
ゼロショップモール無料0円〜3

ネットショップ開設サービスを選ぶ時のポイント

Webコンサルタントとして仕事する私が重要視している、ネットショップ開設サービスを選ぶ時のポイントを簡単に解説します。

ネットショップ開設では基本になるので、しっかりと理解しましょう。

初期費用・月額利用料

初めてのネットショップ開設は、出店コストを抑えることが何よりも大事。初期費用や月額利用料はできるだけ安いサービスを選びましょう

ただし、無料のサービスは登録可能な商品数やデータ容量が少ないところに注意が必要です。

「タダより高いものはない」ではありませんが、売りたい時に売れないといった状態だけは絶対に避けたいものですね。

クレジットカード決済手数料

無料のネットショップもクレジットカード決済に対応していますが、有料のサービスに比べて手数料が平均1%ほど高く設定されています。

通販ユーザーの大半はクレジットカードで買い物をしています。たった1%でも、手数料だけ数万円違うケースも珍しくないので、商品の値段と販売想定数を考えて、無料か有料、どちらのネットショップにする決めましょう。

スマートフォン対応

iPhoneやAndroid端末の普及によって、今やネットユーザーの7割以上がスマホと言われています。

つまり、スマートフォンに対応していないネットショップは、7割以上の顧客を取り逃がしていると言っても過言ではありません。

とにかく、ネットショップを選ぶ際はスマートフォン対応していることが必須条件といえるでしょう。

登録可能な商品数

ネットショップでは、取り扱い商品数が多ければ多いほど、顧客流入数も相乗的に増えるため、戦略的に商品数を増やしている業者がほとんど。

しかし、ネットショップ開設サービスでは、登録可能な商品点数が設定されている場合もあります。

顧客流入数を増やすためにも、登録可能な商品点数が無制限のサービスをおすすめします。

データ容量

ネットショップではサーバー負荷軽減のため、各ユーザーごとにデータ容量の限度を設けています。

データ容量の多さは、登録できる商品数や画像数、サイトデザインの自由度にも関わってくるため、できるだけデータ容量が大きいネットショップを選ぶことも重要なポイント。

ちなみに、無料のネットショップは100MB前後ですが、有料だと5GB(5000MB)と、容量に50倍の違いがあります。

そこまで多くの商品を扱う予定がなければ無料で十分ですが、容量を気にして商品画像数を減らしては元も子もないということを覚えておいてください。

デザインテンプレート

ネットショップで個性を出すにはデザインが必要になりますが、デザインテンプレートを使えば簡単に変更可能です。

基本的に、無料も有料もデザインテンプレートはいくつか用意されており、自由に変更することができます。

ただし、無料のネットショップで変更できる箇所は背景柄や色合いのみ。画像やボタンの位置など、パーツごとにレイアウトを変更したい方は、有料のネットショップ開設サービスを選びましょう。

初めてのネットショップ開設で楽天市場を使う際の注意点

はじめてネットショップを開設する際に、楽天市場での出店も検討されている方が多いと思います。

楽天市場はネットショップでいう巨大ショッピングモール。例えるならイオンモールの中にお店を構えるようなもの。

一方、今回ご紹介したネットショップ開設サービスは、街に小さな店舗を借りるようなもの。無料のサービスはフリーマーケットのようなものでしょうか。

楽天市場であれば集客力が高く、ユーザー数も多いので安定的に売上げを伸ばすことが期待できまが、それなりのリスクも背負うことになります。

それが利用料金です。

楽天市場に出店する場合、初期登録費用、月額出店料の他に、売上金額に応じたシステム利用料を支払う必要があります。

がんばれ!プランライトプランスタンダードプランメガショッププラン
初期登録費用60000円
月額出店料19500円39800円50000円100000円
システム利用料月間売上高の3.5%~7.0%月間売上高の3.5%~5.5%月間売上高の2.0%~4.5%月間売上高の2.0%~4.5%

参照:楽天市場への出店プラン

売上が増えれば増えるだけ、システム利用料が増えていく仕組み。

また、楽天市場内には同ジャンルの商品を取り扱うライバルも多数存在します。そのため、別途、広告料金などで露出頻度を増やさなければ、数に埋もれて、全く売上が増えないなんてことも。

それでも毎月の月額出店料は支払う必要があるので、赤字撤退という話もよく聞きます。

Yahoo!ショッピングAmazonに関しても同じです。「有名サイトだから」という理由で、こうしたショッピングモールに出店してみたら、思っていた以上のコストが掛かってしまい、黒字を維持するだけで精一杯なんてことも。

原資が限られているのであれば、まずは低コストのネットショップ開設サービスから始めることをおすすめします。

オーダーメイドのネットショップをWeb制作会社に依頼してはダメ

オーダーメイドのネットショップ開発を請け負うWeb制作会社もあります。

ネットショップをオーダーメイドで制作依頼するメリットは、どんな小さな要望でも実装できる点。

細部のデザインから便利なシステムまで、オーナーのこだわりを詰め込むことができます。

初めてのネットショップ開設だからと意気込む気持ちはわかりますが、オーダーメイドのネットショップ開発は安くても100万円〜。こだわりすぎると制作費用は1000万円にまで膨れ上がるケースも。

実店舗を持たないから低コストのネットショップなのに、実店舗並みの初期投資をしては元も子もありませんよね。

初めてネットショップを開設するのであれば、まずは既に構築されたサービスを活用しましょう。オーダーメイドのネットショップはまだ先の話です。

ネットショップは低リスクからスタートするべし

ここまでをおさらいすると、初めてネットショップを開設する場合は、できる限りお金をかけないように、低リスクからスタートすることがポイントになります。

ネットショップ運営とはどういったものなのか?
どうすれば売上が増えるのか?
もっとこうすればお店を大きく出来るのではないか?

経験を積んで売上も増えた段階で、ショップ拡張のために楽天市場やオーダーメイドにチャレンジすれば良いのです。

おすすめのネットショップ開設サービス

最後に、これからネットショップを開設しようと考えている方におすすめしたいサービスを2つご紹介します。

実店舗をお持ちの場合はカラーミーショップ

実店舗をお持ちの場合はカラーミーショップ

実店舗をお持ちの場合は、カラーミーショップがおすすめです。売上データはCSVファイルでダウンロードすることができるため、実店舗と同じように管理することができます。

比較的に新しいサービスということもあり、テンプレートデザインも今風という点が高評価。オーダーメイドと言われても納得できるクオリティです。

また、他社のサービスを十分に研究して、ネットショップに必要な機能を洗練しているため、使わない機能に高額な月額費用を支払う無駄もありません。365日のサポート体制も安心ですね。

そしてなにより、初期費用3000円、月額利用料金834円〜という安さも素晴らしい。コストパフォーマンスに関して言えば、無料のネットショップを上回ると思います。

とにかく30日間の無料お試し期間もあるので、実際に使って体感してみてはいかがでしょうか?

リスクゼロのネットショップ開業ならBASE(ベイス)

リスクゼロのネットショップ開業ならBASE(ベイス)

はじめてのネットショップは低リスクでスタートすべし、と申しましたが、低リスクを飛び越え無料で利用できるBASE(ベイス)は特におすすめ。

  • 無料なのに独自ドメインが設定できる
  • 無料なのに登録可能な商品数が無制限
  • 無料なのに自分だけのネットショップが簡単に作れる
  • 無料なのに必要な機能が全部使える

リスクゼロのネットショップ開業ならBASE(ベイス)が最強です。

無料といえば、BASE(ベイス)とSTORES(ストアーズ)が比較されますが、下記の表をご覧頂けばその違いは一目瞭然。

どうしても、完全無料でネットショップを開業したいのであれば、BASE(ベイス)がおすすめです。

BASE(ベイス)STORES(ストアーズ)
月額利用料金無料無料 or 1058円
クレジットカード決済手数料3.6%+40円5%
登録可能な商品数無制限無制限
独自ドメイン無料プランでも可有料プランのみ
アクセス解析無料有料プランのみ

メルカリやラクマといったフリマアプリを卒業して、本格的にネットショップで稼ぎたいという方も、まずはBASE(ベイス)から始めてみると良いでしょう。



ネットショップ開設サービスのまとめ

企業様を相手にしたネットショップ開設のコンサルティングを行う際は、カラーミーショップをお勧めしています。

料金が安いというのはもちろんですが、電話やメールのサポートが受けられる点はかなり大きいでしょう。

(コンサルティングをした私に問い合わせが来ないためのリスク回避でもある)

24時間365日営業のネットショップでは、トラブルが起きたらすぐ解決することがセオリーです。

その点で言えば、無料のBASE(ベイス)は運営によるサポートが受けられないので、自分で調べるか、フォームから問い合わせるかのどちらかになってしまいます。

ただ、個人の方であれば、まずは無料でネットショップの感覚を掴んで欲しいと思うので、BASE(ベイス)を強くお勧めします。

その他にも、お試し期間中は無料で利用できるサービスもたくさんあるので、この機会にいろいろ使ってみて、自分に合ったネットショップを探すのも良いでしょう。

記事の感想をお聞かせ下さい…

タイトルとURLをコピーしました